僕の仕入れる情報がだいぶん遅れていたらしいですね

どうやらmanjaro linuxのbuildせずにInstall可能なchromiumでVA-APIが効くようです

実際にテストした所VP9のハードウェアデコードを確認

今まではchromium-vaapiをbuildして使う事しかできないと思っていましたが通常の方でサポートされているとは・・・

ちなみに
choption

chrome://flagsの設定は必須です

manjaro linuxのKDEを使いX11とWAYLAND環境で確認

しかしWAYLAND不要と言う話だとXFCEで利用した方が安定性は高くなるし軽さも直感的な操作性も高いので再インストールですね