元々会社に行く必要性も無かったPC業務が自宅で出来るようになって家に求められるPCが必然的に上がったり複数台必要になったりしました

そして半導体に必要なABFフィルムと呼ばれる物の供給が間に合わずにCPUやGPUなどが作れない?と言われており市場に最新の物が殆流れてきません

よって1万円だったものが2万円になったり、そもそも在庫がなかったりして手に入りません

ですから今確実に必要なユーザー以外はパーツを買わないようにすべきです

それに実は今年の9月にintelからAlder Lake-Sなる最新のCPUが出る?発表?との噂が有ります

このCPUは処理能力も高いのですが注目してほしいのは内蔵グラフィックスの性能

なんとNVIDIAの660TI相当らしいです

660TIというとNVIDIAの5世代くらい前の物ですけども660TIそのものの性能は実はamdのvega11よりも70%高速です

つまりもっと把握しやすく言えばGT1050と同等かそれより少し下?程度の性能になるのでは?ということです(GPUのベンチマークサイトでスコアを見た感じですけども

この性能になってくるとFPSをしないユーザーはもうグラフィックボードが完全に不要です

ドラクエ11も多分中画質でプレイ可能なんじゃないでしょうか

低画質なら100FPS出るんじゃないかな・・・GT1030で70〜83だったはずなので

ただ電源の規格が12VOになったり(こちらも噂レベル)ソケットの型番がLGA1700になったりDDR4からDDR5になったりと今使えるパーツはSSDとかNVMEと周辺機器程度で大体はパーツの買い替えになってしまいますから大変ですよ