やっとlinux mint 19.3の環境下でNVIDIA GPU(GTX1650)を使ってVP9ハードウェアデコード出来ました
*多分GT1030でも可能です
VP9SEIKOU

方法は端末(terminal)内で次のコマンドを脳死でコピーアンドペーストすれば通ります
sudo add-apt-repository ppa:graphics-drivers/ppa
sudo apt update
ubuntu-driver devices
sudo apt install nvidia-driver-450 && sudo reboot

sudo apt install meson git gcc-multilib build-essential pkg-config dot2tex doxygen libdri2-dev x11proto-dri2-dev x11proto-xext-dev libxext-dev automake autoconf libtool libva-dev vdpau-va-driver vdpau-driver-all vainfo

git clone https://gitlab.freedesktop.org/vdpau/libvdpau.git
cd libvdpau
meson --prefix=/usr build
ninja -C build
sudo ninja -C build install && sudo reboot

git clone https://github.com/xtknight/vdpau-va-driver-vp9.git
cd vdpau-va-driver-vp9
./autogen.sh --prefix=/usr
make
sudo make install && sudo reboot

ここまで来たらもう既にVP9ハードウェアデコードは効きますノーマルなfirefox



・・・ん???となった方居ますか?

界隈ではchromium-betaをppaで拾ってくるのが常識となっていますよね

それが上記の事を工程を済ませると副産物的な影響でfirefoxでハードウェアデコードが効きます

逆に常識となっているppaの方のchromium-betaは再生が駒落ちしてしまい不安定でした

そして更に副産物

起動時に2分の1の確立でnvidia-driver-450を見失います(笑

適切な画面サイズで起動できていない時は再起動、それでも駄目なら再起動と何回か繰り返すと戻ってきます

見失う理由が全く分からないんですけど